Electric Guitar

同じギターが3つ並んでいますが、これはビートルズのジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンの3人ともが使っていた「Epiphone Casino」です。

基本的には同じギターですが、細かいところに改造が加えられています。例えば、左右のギターはピックガードが外され、さらに右のギターにはトレモノ・アームが付いてます。

同じギターに見えますが、型番が異なり、真ん中のギターは1964年リイシューモデルで一番高いです。

Flying Horsesもビートルズの真似をしてか、メンバーのうち3人がこのギターを所有してます。さて、どれが誰のギターでしょう?

最近、Flying Horsesのライブでこのギターがあまり見られなくなったのは残念です・・・。

やぶらいあんのメインギター、Gibson SGです。ウィングスのメンバーでは、リードギターのジミー・マッカロックがメインギターとして使っていました。このギターで弾く「Maybe I'm Amazed」のリードギターは鮮明に頭の中に残っているという方も多いのでは。

やぶらいあんはFlying Horsesで活動を始めた当初はこのギターを所有しておりませんでしたが、2002年3月23日に六絃で行ったライブで、対バンしたレインのお連れの方がこのギターを所有しており、アンコールで試奏したところ、やぶらいあんが「このギターいい!」と思ってしまい、さらにJashがやぶらいあんに「Gibson SGはジョージ・ハリスンも使っているので、いろいろと使えますよ」と煽ってしまったため、ついにやぶらいあんも購入してしまったのでした。

よっさんのメインギター、Thinline Telecasterです。よっさんがネットでGLAY等のプロデューサー佐久間氏のギター工房を発見。そこでは、エレファントカシマシのギターをオーダーメイドで作っていることをよっさんが知り、興奮! よっさんもそこでオーダーメイドで、カシマシモデルのギターを作ってしまったのでした。
やぶらいあん所有のRickenbacker 360/12です。もちろん、ジョージ・ハリスンが使用していた12絃ギターです。12絃ギターは癖があるので、あまりライブには登場してきていませんが、数回使用したことがあります。
やぶらいあん所有のFender Stratocasterです。最も一般的に流布しているエレキギターと言っても過言ではないでしょう。これもあまりライブでは登場してきませんが、たまに使用していたりします。
あらっち所有のLes Paulギターです。ロゴが見にくくてよく分かりませんが、実はEpiphone社が制作したLes Paulタイプのギター。色はサンバーストです。
本家ポール・マッカートニーもLes Paulを何本か所有していますが、ポールの持っているものはもちろん本物です。雰囲気を味わいたいという方、値段もお手頃なこのギターをオススメします(笑)。

Acoustic Guitar

やぶらいあん所有のアコースティックギター、メーカーはtakamineです。このギターもあまり登場頻度が多くないのですが、「Junk」「Every Night」などのアコースティック系の曲では登場してきています。
「Band On The Run」では本家のポールのバンドと同様、中間のブリッジ部分で、エレキギターからこのアコースティックギターに持ち替えて弾くという技もさらりとやってのけたりします。
これはあらっち所有のアコースティックギターです。やぶらいあん所有のものとよく似ています。メーカーは・・・えっと、どこだっけ? あらっちに聞いてからまたここに載せます(苦笑)
ポールもアコースティックギターを弾くことが多いので、ライブでもこのギターは頻繁に出てきます。あらっちがこのギターを弾いている間は、やぶらいあんかよっさんがベースを弾いています。
最後に出てきたこのアコースティックギターは、Jash所有のものです。Flying Horsesのライブでは、唯一2001年5月5日のライブで登場してきております。Morrisのギターです。Flying Horsesのライブではもう見かけることがないかも?

Bass Guitar

ポール・マッカートニーのベースといえばこれ! というほど、ウィングス時代のポールにはなくてはならないベース、Rickenbacker 4001Sです。ポールはビートルズ時代からこのベースを愛用しており、もう40年近くも使用しています。あらっちもそれほどではないですが、中学校時代から使用しているとのことです。何かのご褒美として親から買ってもらったとのこと。結構いい値段します。羨ましい・・・。
ちなみに、写真は雰囲気を出すために、左右逆にしておりますのであしからず。
ポールがウィングス時代に使用していた2台目のベース、YAHAMA BBです。ポール本人が使用していたモデルと少し異なり、あらっちが所有しているのは5絃ベースです。ソリッドなベースらしいいい音がします。

あ、俺(管理人)の顔が隠れてる(笑)

ビートルズ時代のポール・マッカートニーのトレードマークとしてあまりにも有名なへフナーベース。ポールは今でもビートルズ時代に使っていたへフナーベースを大事に使っているというからすごい。
でも、あらっちが持っているのは、へフナーのコピーモデルなのでした。メーカー名マイナーすぎて覚えていません・・・。

Keyboard 

よっさんのメイン・キーボード、Yamaha Motif 6です。ポール・マッカートニー・バンドのキーボード、ウィックスが使用していることから、影響されてよっさんが購入。おそらく、使用している楽器類の中でも1,2位を争うほど高いはずです。
しかしこのキーボード、重すぎて運ぶのに一苦労・・・。
よっさんの初代キーボード、Yamaha CSX1です。よっさんが大学時代に購入したものらしく、多機能、軽量、安価とかなり使い勝手がいいもので、Flying Horses初期のころは大活躍しました。
現在は、Yamaha Motif 6に主役の座を取られ、あらっちの所有物となっています。ライブでキーボードを同時に2台使うときなどに時々登場。
ちなみに、Jashもこのキーボードに影響されて、この後継機種であるYamaha CSX2を購入してしまいました。

Drums 

ドラマーであるJashはスネアはおろか、全くドラム機材を持っておらず、いつもその場に設置されているドラムを使用しています。まあ、最近はどこのライブハウスにもドラムは予め設定されているので、ドラムセットを持っている人自体が少ないのですが・・・。
写真は、レギュラー出演しているライブハウス「六絃」にあるPearlのドラムセット。

その他

その他、ライブではいろいろな小物が出てきます。写真に写っているのは、やぶらいあんが奏でるフルート。いわゆる、ソプラノ・リコーダーです。そのほか、タンバリン、カズー、カスタネットなどが出てきたりします。
やぶらいあん所有のシタール、Jash所有のウクレレ等、ライブには出てきたことない民族楽器も、いつかライブで使いたいなあ。というか、そんなんを使う曲自体が少ないです・・・。